花の名前を覚えるのは難しい!名前を覚えたい!

花の名前をなかなか覚えられない

花を見るのは好きなんだけど、花の名前がサッパリわからない。
わからないと言うより覚えられないと言った方が正しいかも。

花を好きな人は、結構花の名前をスラスラと言う人もいるのだが、羨ましいと思ってしまう。
名前をどの様に覚えているのか不思議でたまらない。
花の名前を覚えるコツでもあれば教えて欲しいと思ってしまう。


花の名前を覚える時、単に漠然と覚えても直ぐに忘れてしまうかなと。
花の色や形、葉・茎の色、形などの特徴を覚えればいいかもしれない。
でも難しいいので、覚えないまま過ごしてしまうかな。

これって花屋さんにある花だけではく、自然に咲く花の名前も同じ。

桜とコスモス
春の花 桜 ソメイヨシノ 秋の花 白いコスモス

覚えている花の名前ってどのくらいあるだろう?思いつくままに挙げてみよう。
菜の花、タンポポ、アヤメ、スミレ、バラ、チューリップ、コスモス、ひまわり、桜、椿、ぼたん、つつじ、梅、カーネーション、朝顔、ダリア・・・
いくら思いだしてもこれくらいしか思いつかない。

アヤメとひまわり
初夏の花 紫色のアヤメ 夏の花 ひまわり

花の名前だけじゃなく、観葉植物だって同じで名前を覚えられない。イヤ!忘れている。
部屋には、花を飾っていないが、観葉植物を置いている。
その観葉植物の名前すら憶えていない。困ったもんだ。

高山植物を見る機会が多いが・・・

山歩きが好きで、登山や湿原・高原散策などによく出かけている。

この山歩きで高山植物の綺麗な花をたくさん見かける。
特に春から初夏、夏にかけて鮮やかな色の花々が咲いているのを見るのが楽しい。

山域や湿原・高原の地域によって高山植物も非常に種類が多く、また一つの山でも色々な種類の花がある。
同じ色でも形がちょっと違っているような花などたくさんある。
名前を覚えようにも正式な名前がわからない・・・なんてことが多々ある。

山歩きの途中で会った人に聞くのだが、直ぐに忘れてしまう。
その時に花の名前をメモでもしておけばいいのだが、なかなか面倒くさい。
またメモして名前がわかっても実際にどの花だっけー?となってしまう。

高山植物の花とメモを写真に一緒に撮るのもいいかもしれないが、なかなかできないものだ。

やはり普通の花と同じように花の名前を覚えられない

コマクサとニッコウキスゲ
高山植物の女王とも言われる コマクサ 見ればすぐにわかる この花は、ニッコウキスゲ 夏の代表的な高山植物


普通の花と同じようにどのくらい高山植物の名前を覚えているか、思いつくままに挙げてみる。
コマクサ、ニッコウキスゲ、ワタスゲ、ニリンソウ(?)、水芭蕉、レンゲツツジ、チングルマ、ハクサンイチゲ、キンポウゲ

これくらいしか名前を覚えていない。
でも考えようによっては、これくらいでも覚えていれば、まぁいいかーと思ってしまう!